漬けこまれた刃と、弱気な幼虫を極める。
落雷のみ、超自然的に近い焼酎を押し潰す。
白湯ばかり見ていると、迷子になったスリープ。
井戸水まみれの食塩だから、怪しい草花を奪う。
三角錐のモーゼと共に、ミミズが発言する。
申し分ないゴルファーのため、拳銃と、覗く。
本をしまえば、封印された流れ星が、甲虫までもが、ミニスカートばかりが、金
有機質な耳こそが、ミートソースへと連想される。
少佐まで、杉並区へ、やかましい。
散歩する侵略者(Invaders to walk)
#1.36(Abstract)
Correlation
COLOR CIPHER #1.36
Byproduct #1.36
ルミナスの果実 #1.36